トラブルへの対処

誰しもトラブルに巻き込まれるのは避けたいですが、ときには巻き込まれてしまうことがあります。では、トラブルに巻き込まれたときは、どう対処することが望ましいでしょうか?

対処の3つのポイント

弁護士の立場からは、

  • なるべく早期に専門家に相談する。
  • トラブルの資料など証拠を保存する。
  • 経緯を時系列で整理する。

が挙げられます。

トラブルの渦中では、焦ったり、冷静な判断がつかない場合が多くあります。そのため、第三者の専門家の意見を聞くことが必要です。

次に、トラブルを解決するにも、どのような経緯や背景があったのかがわからないと、相手方の求めるものや理由がわからないため、経緯の整理が必要です。

最後に、トラブル等の客観的資料の確認保全が必要です。口頭だけだと、記憶違いなども含め、正確な事実の確認ができなくなってしまいます。

最近は、メール・LINE・ブログ等のSNSのやり取りがありますが、口頭の大事なやりとりは、その日のうちに記録されることを勧めします。

(田鍋/編集 中路)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

誹謗中傷と罪