ハラスメント

皆さん、こんにちは。

令和4年4月1日から、中小企業でも、いよいよパワーハラスメント防止措置が義務化となります。労働現場で起きるトラブルの4分の1は人間関係による現在、ハラスメント防止のために、企業が積極的に取り組むことが求められます。

ハラスメント防止の措置

行うべき措置には、
1.事業主の方針等の明確化及びその周知・啓発
2.相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備
3.事実関係の迅速かつ適切な対応
4.そのほか併せて講ずべき措置
となっています。

これを見て、何をしたらいいかわからないなら、一度ご相談ください。ハラスメント対策は、単なるコミュニケーションの問題にとどまらず、事業者として、職場環境配慮義務、労働者の心身の健康配慮義務の観点から取り組むべき事項となります。パワハラ被害を起こさない、起きても、労使双方が不幸にならないように、今対策に動くことが求められます。

(田鍋/編集 中路)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。