ソーシャルツール

皆さんこんにちは。弁護士の田鍋です。

ソーシャルメディアと炎上

大手企業に限らず、中小企業でも対外的にソーシャルメディアを利用したり、社内のコミュニケーションツールとして、ソーシャルメディアを多用することは日常になっています。

そうした中で、発信者の投稿が、思わぬ炎上やトラブルを招くケースも増えています。

背景としては、

  • 発信が容易であること
  • 発信時の文章が短くなりがちなため、発信者の意図よりも、投稿された文字だけで読解されてしまうこと
  • 発信時の事前チェックが、例えば、社長印付の文書発出時と比べ、働いていないこと

などあると思います。

社内ツールの場合、特に従業員への指示命令を出すときの時間帯への配慮や注意叱責するときに他の従業員への見せしめ的な要素などがないか、注意することが必要です。

簡易便利であることにとらわれすぎて、熟慮が足りないと、思わぬトラブルになることをしっかり考える必要があるだろうと思います。

(田鍋/編集 中路)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

労務管理の重要性

次の記事

消費者トラブル