フランチャイズ契約と留意点

フランチャイズ・システムの取引の留意点について、お話します。

フランチャイズシステム

フランチャイズ・システムでは、その業界の素人である加盟者(フランチャイジー)にとっても、FC本部の商品や経営ノウハウの提供を受けることができます。

また、商標等の使用が可能となるなど、取引開始により、FCシステム、ノウハウ等を享受できるメリットがあります。

他方、FC本部(フランチャイザー)は、独立の事業者である加盟者の資金負担により、出店時の投資コストを軽減しつつ、迅速に多店舗展開が可能で、継続的に、ロイヤリティなどを得られるというメリットがあります。

フランチャイズ・システムは、FC本部の統一的イメージ、システム、商標等のもと、経営していきますので、これに従わず、自らの経営手法等を重視したい事業者には、将来的にトラブルになるおそれがあり、その利用には慎重な検討が必要だろうと思います。

フランチャイズ契約を考える場合には、独立した事業間の契約でありながらも、約款契約であることなどに留意し、適切な情報を得た上で、十分内容を理解して契約することが重要です。

(田鍋/編集 中路)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

誹謗中傷と罪

次の記事

労務管理の重要性