ニュースレター 2022 Vol.1 (6月発行)

代表インタビュー

お客様の案件をチームで共有する意味

— 「顧問パッケージサービス」とは何ですか?

 「顧問パッケージサービス」は、各種の専門家がチームとなって提供する、月額 3 万円の顧問サービスです。月に一度、担当者が経営者様と面談を行います。

 担当者は持ち帰った各企業ごとの情報を都度チーム全員で共有します。何らかのアクションが望ましいとの結論に至った場合は経営者様にフィードバックと、適切な解決案を提示します。

 本サービスの大きな特徴は

  • 「あらゆる相談窓口が一つなので手間がかからないこと」
  • 「定期的な面談を行うことで、トラブルを未然に防ぎやすいこと」
  • 「普段から顔を合わせる機会を設けることで相談のハードルが下がること」

です。

 このような「窓口が一つ」のサービスは世の中に他にもありますが、案件内容に応じて個々の専門家に割り振られることが一般的です。しかし私たちは、全ての案件をメンバー全員で共有する所が大きな特徴です。

運営メンバー写真
運営メンバー。左から大谷、柳、波場、中路(代表)、田鍋

 自分の専門領域に含まれない案件もチーム全体で共有することで、複数の視点で現状を捉え、可視化できていない問題やトラブルの未然防止に繋げていきます。

 経営においてはリスク軽減が重要課題です。ただ、リスクを考えすぎると新たな分野に挑戦できず、事業発展の足かせになってしまうこともあります。

 例えば、契約交渉の内容を厳しくすればリスクは抑えられますが、取引自体に煩わしさを感じるお客様もいるかもしれません。

 私たちは企業の状況を複数の専門家の視点から同時に見ることで、問題に対して選べる選択肢を増やし、より良い方向へ進む手助けになりたいと考えています。

サービス開始の背景「顧問がいるのに相談しない」という経営者の声

— なぜこのサービスを始めたのですか?

 様々な経営者様と接する中で「顧問はいるけれど、普段は相談しない」という方がいることに気付きました。何かあってから相談するためコミュニケーションが取りづらくなり、相談のハードルがとても高くなっているようです。

 メンバーは経営者様の話をきちんと「聴く」ことを大切に考えているため、自身の専門領域と異なる悩みに対し、課題を直接解決できないジレンマを常に抱えていました。

 そこで、異なる領域の専門家同士がヨコの繋がりを持ち協業することで、包括的に経営者の悩みを解決できないか?と考えたのがこのサービス誕生のきっかけとなりました。

 まずヨコの繋がりを強くするため、私たちは各専門家として定期的な勉強会を始めました。目的は「それぞれが、どの様なことをやっているのか?」を知ることです。

 3 年余りの時間をかけて学び続け、組織としての体制が整ったことを確認した上で、サービスを開始することにしました。

専門家が真の「チーム」として頼られる存在に

メンバー構成を教えてください。

「顧問パッケージサービス」には弁護士・弁理士・特定社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・キャリアコンサルタント・メンタルトレーナー・企業年金の専門家・人事労務コンサルタントなど様々な分野の専門家が在籍しております。

“顧問を別々に抱えるのではなく、相談の窓口を一つにまとめることで相談しやすい環境をつくり、中小企業を支えたい”

 そんな思いを共有しあうようになったのが「顧問パッケージサービス」を提供する現在のメンバーです。私たちが企業に積極的に関わることで相談しやすい関係を築き、企業のトラブルを未然に防ぎ「頼れる人がいるから大丈夫」という安心感を経営者様に提供していきます。

— 経営者様からの反応はいかがでしょうか。

 「小さなことでも相談しやすくなった」という声や、現状をヒアリングして専門家メンバーと共有することで「それぞれの分野で必要な対応、トラブルを未然に防ぐ方法を定期的に教えてもらえてとても助かる」という声も寄せられています。

 また、毎月の経費として月会費をいただいておりますが、それぞれの専門家と個別に契約するよりも大幅にコストが抑えられる私たちのサービスを、費用面でメリットに感じてくださる経営者様は多いようです。

経営者と普段の関係性を大事にしたい

 士業への相談はハードルが高いと感じる理由には、日頃の関係性が影響していると感じます。

 「まだ相談しなくても大丈夫」と思っているうちに、問題が深刻化してしまうこともあるため、相談の機会を定期的に設けることで経営者様の心配ごとを減らしていけたらという思いです。

「昔から頼んでいる顧問の先生がいるので、新しいサービスは利用しにくい」という場合も、セカンドオピニオンという形でお試しいただき「相談しやすさ」を実感してもらえたらと思います。

— 最後に読者の皆様にメッセージをお願いします。

 私たちが描く未来は「企業が成長し、関わる人たちが安心して働き、過ごせること」です。

 現代は、誰でもいつでも起業ができる時代です。中小企業の経営者様や、これから新しい事業を興していく方たちを含め「顧問パッケージサービス」は、様々な働き方にも対応できると感じています。

 あらゆる領域で中小企業の皆様のお役に立てることをメンバー全員が楽しみにしています。

お客様の「本当はこうだったらいいのに」という声に真摯に向き合い「応えていきたい」という想いをメンバーの皆さんがずっと持ち続けてきたことに驚きました。

インタビューを終えて
インタビューを終えて

聞き手:安田あゆみ

ライター。10年以上ライティングに関わる仕事に携わり、人・商品・サービスの魅力を伝えるお手伝いをしています。抱えている課題や期待を共有し、互いの思いをひとつに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。