パワハラについて

パワハラについて、どのような言動が該当するか?皆さん、ご存知でしょうか。

労働者が上司らから違法なパワハラ受けたと主張する場合、どのような点が重要となると思いますか?

おおよそは① 業務上の指示・監督等との関係や必要性
② 発言態様や発言それ自体の内容
③ パワハラがされたとする職場環境
④ 期間や回数(継続性や執拗的であったか)
➄ 互いの職務上の地位
⑥ 人格非難に類する内容か否か概ねこのような点が問題となります。

そのため、発言態様や内容から、配慮や思いやりに欠ける場合でも、業務上の必要性が認められ、内容も不合理ではないような場合には、パワハラとまでは認められないことが多くあります。次回は、具体的な言動について、考えてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です